Google+ Followers

Saturday, March 14, 2015

「神聖ローマ帝国における選帝侯」の立場に就いた水戸家では、二代藩主光圀以降、将来有り得べき将軍選定作業に備うべく、ひたすら歴史研究に勤しむこととなった。蓋し、水戸藩が彰考館の開設と「大日本史」編纂を始めた所以である。