Google+ Followers

Thursday, April 14, 2016

ヤハヴェーさま、パナマ文書問題をうけて、おフランスの法律事務所、節税対策を大絶賛。フランスでは農民の子は小学校の校長に、校長の子はあらゆるドアが開かれていると19世紀以来、言われています。また、公教育が普及しているので、言語における階級格差がほとんどありません。パナマ文書問題を受けてフランスでは法律事務所でこの自己申告を得意にするところが多いのがポイント。過払い訴訟でもそうだが、ビジネスとしてこれを手際よくやる法律事務所の存在が実効を上げる鍵となる。